HST画像の座標を決定 I:
Aladinにより、画像上の星の座標を得る。

1, Aladin のHPに行く

  	  http://aladin.u-strasbg.fr/aladin.gml

   ここでは、Java applet版を使って星の位置を探す。

   "Launch Aladin Java applet"

   天体名を入れる [ex. NGC3079]
     
    J2000の隣の枠に、"NGC3079"と入力した。


2, 参照する星のカタログを選択

   "Load..."

    

   "Catalogs in VizieR"

      デフォルトのGSCカタログよりもUSNOカタログの方が
      位置精度が良いので、カタログ「USNO2」を選択する。

   "SUBMIT"
   "Close"

   すると、DSSのイメージの上に、カタログされた星の
   ポジションがマークされる。


3, 星の位置を調べる

   HSTのイメージ上の星と一致する星を選択。
   黄色いマークの上にポインタを動かすと、下の方に座標が
   deg単位で出る。これをメモしておく。


4, imexamでHSTイメージ上での星の座標を求める

    IRAFのtask"imexam"でHST画像上の☆の位置を求める。

	> imexam

   として、星の上にカーソルをあわせ、"a"を押す。また、サチッていないか
   どうかをチェックするため、プロファイルも見てみる: "r"。


5, HSTイメージ上の星の位置(x,y)と(α,δ)の対応表を作る

   IRAFのtask"ccmap"のインプット用に、以下のような座標の表を作る。

	# cat f814w1.coords

	  3073.02  995.34 150.512623 55.661037
	  2498.95 3419.57 150.452378 55.657939
	  3095.35 3203.32 150.461231 55.651339

   column 1: x [pix], column 2: y [pix],column 3: α[deg],
   column 4: δ[deg]の順。後で使うIRAFのコマンド"ccmap"で座標の単位を
   指定できるので、α、δはhms、dms単位でも良い。

以上。