NICMOS の解析

すくなくともMULTIACCUMモードで撮られた場合、撮影された多数イメージ
から Cosmic ray や Bad pixel を除き、足し合わされたもの[*_mos.fits]が
提供される。
たとえば、

     > ls
     n3zb2m010_asc.fits  n3zb2mkgq_cal.fits  n3zb2mkhq_ima.fits
     n3zb2m010_asn.fits  n3zb2mkgq_ima.fits  n3zb2mkhq_raw.fits
     n3zb2m010_mos.fits  n3zb2mkgq_raw.fits  n3zb2mkhq_spt.fits
     n3zb2m010_pdq.fits  n3zb2mkgq_spt.fits  n3zb2mkhq_trl.fits
     n3zb2m010_spt.fits  n3zb2mkgq_trl.fits  nicmos_analy.txt
     n3zb2m010_trl.fits  n3zb2mkhq_cal.fits

というデータ群の中の、n3zb2m010_mos.fitsがそれ。ちなみに、*_mos.fits
は "science image", "error", "data quality flags", "samples",
"integration time" の5枚のデータから出来ている。これらを見てみると、

     > displ n3zb2m010_mos.fits[1] 1    ! science image
     > displ n3zb2m010_mos.fits[2] 1    ! error
     > displ n3zb2m010_mos.fits[3] 1    ! data quality flags
     > displ n3zb2m010_mos.fits[4] 1    ! samples
     > displ n3zb2m010_mos.fits[5] 1    ! integration time
	     
と、絵が出てくる。一枚目が天文データ。必要なら、一枚目をコピーする。

     > imcopy n3zb2m010_mos.fits[1] object.fits


以上。