HST WFPC2データの解析 III:
 cosmic ray のマスクを作る。

wmosaic で作った画像: image1_ext, image2_extについて処理をする。大雑把に
作業をまとめると、まずイメージのシフト・補間を行い、オーバーサンプルのイ
メージを作る。そこからメジアンを取り、cosmic rayなどを除いた天体のイメー
ジを作る。それをもとのイメージに合うようにシフト・リサンプリングし、もと
イメージと比較してcosmic ray、bad pixelのマスクを作る。

1, イメージのシフトと、補間によるオーバーサンプリング化

    task "drizzle"のパラメータ設定

	> unlearn drizzle
	> drizzle.wt_scl = "exptime"
	> drizzle.expkey = "exptime"
	> drizzle.scale = 0.5
	> drizzle.pixfrac = 1.0
	> drizzle.coeffs = ""      !distortion補正は、ここではしない。
	> drizzle.outnx = 4096
	> drizzle.outny = 4096
	> drizzle.out_un = "counts"
	> drizzle.in_mask = ""
	> drizzle.rot = 0.0

    xsh=2.275, ysh=-2.406は前ステップで計算した値。また拡張子(?)の_dr, 
   _drwは換えない方が良いかも。

        > drizzle image1_ext.hhh image1_ext_dr.hhh outweig=image1_ext_drw.hhh xsh=0.0 ysh=0.0
        > drizzle image2_ext.hhh image2_ext_dr.hhh outweig=image2_ext_drw.hhh xsh=2.275 ysh=-2.406

    *_dr と、*_drwというファイルが出来る。*_drがdrizzleされたイメージ。
    *_drwが、drizzleのmaskイメージ。


2, drizzleしたイメージのヘッダーに、maskイメージの名前を
   書き込み、マスクするピクセルリストを作る。

	> mask_head image1_ext_dr.hhh image1_ext_drw.hhh invert=no
	> mask_head image2_ext_dr.hhh image2_ext_drw.hhh invert=no
	# ls
     
    image1_ext_drw.pl, image2_ext_drw.plなどがマスクのピクセルリスト


3, drizzleしたイメージのメジアンを作る。

   ここでは、cosmic rayやbad pixelの無い、綺麗な天体の画像イメージを
   作りたい。しかし今はイメージが2枚しかないので、単純にcosmic ray
   だけ(つまり極端にcountの高い部分だけ)除いた画像を作る。ここで作った
   画像イメージを、元のイメージと同じ位置、ピクセル数に変換して、
   値の極端に違うピクセルをcosmic rayのマスクにする。

	> unlearn imcombine
	> imcombine.plfile = ""
	> imcombine.sigma = ""
	> imcombine.combine = "median"
	> imcombine.reject = "minmax"
	> imcombine.project = no
	> imcombine.outtype = "real"
	> imcombine.offsets = "none"
	> imcombine.masktype = "badvalue"
	> imcombine.scale = "exposure"
	> imcombine.nkeep = 1
	> imcombine.nlow = 0     <-- いまはイメージが2枚なので、かならず
	> imcombine.nhigh = 1    <-- 小さい方の値を取り、cosmic rayを除く.
	> imcombine image1_ext_dr.hhh,image2_ext_dr.hhh dr_med.hhh


4, 上記のmedianイメージを、元のイメージ(image1_ext, 
   image2_ext)と同じ位置にシフト、リサンプリングにより
   同じピクセル数にする。

	> unlearn blot
	> blot.scale = 0.5
	> blot.outnx = 1600    ! wmosaicにより得られた画像は 1600 x 1600
	> blot.outny = 1600
	> blot.coeffs = ""     !distortion補正は、ここではしない。
	> blot.rot = 0.
	> blot.expout = 400    ! image1, image2の積分時間は400sec
	> blot dr_med.hhh image1_ext_bl.hhh xsh=0.0 ysh=0.0
	> blot dr_med.hhh image2_ext_bl.hhh xsh=2.275 ysh=-2.406
                              ! xsh, yshはdrizzleの時と同じ値

    blot されたイメージは*_blという拡張子(?)のもの。


5, blotしたイメージのエラーの評価

   元イメージと drizzle -> imcombine -> blotしたイメージの差を取って、
   どのぐらい誤差が出たかを確認する。

	> deriv image1_ext_bl.hhh,image2_ext_bl.hhh

   *_derivが差の画像。見てみると、

	> displ image1_ext_bl_deriv.hhh 1
	> displ image2_ext_bl_deriv.hhh 2


6, 元イメージとdrizzle->imcombine->blotしたイメージを
   比較して、cosmic rayのマスクを作る。

	> unlearn driz_cr
	> driz_cr.gain = 7.
	> driz_cr.rn = 5.
	> driz_cr.SNR = "4.0 2.5"
	> driz_cr.scale = "0.9 0.5"
	> driz_cr.backg = "backgrnd"
	> driz_cr image?_ext.hhh 1

   image1_ext_cr.pl, image2_ext_cr.pl などがcosmic ray のピクセルリスト。