HST WFPC2データの解析 I: 下準備


1, 以下の2枚のデータを解析する。

	u56x0101r_c0f.fits
	u56x0102r_c0f.fits

  アーカイブからダウンロードされたデータには他に、*_c1?.fits, *_c3?.fits,
   *_cgr.fitsなどもあるが、これらはキャリブレーション前のデータや、データ
   の質を表すデータなど。


2, IRAF/STSDASを起動
   
	# cl
	> stsdas

3, HST解析用の形式(GEIS)を使う。

	> set imtype=hhh

   FITSをGEISに変換

	> strfits *.fits iraf_fil="" xdim=yes oldiraf=yes
	> ls
	
		u56x0101r.c0d     <-- GEIS data binary
		u56x0101r.c0h        <-- GEIS header ascii
		u56x0101r_c0f.fits  <-- FITS file
		u56x0102r.c0d
		u56x0102r.c0h
		u56x0102r_c0f.fits


4, 以後の解析の簡単のため、名前を変えておく。

   # mv u56x0101r.c0h image1.hhh
   # mv u56x0101r.c0d image1.hhd
   # mv u56x0102r.c0h image2.hhh
   # mv u56x0102r.c0d image2.hhd


5, 4枚のデータを一枚に広げる

	> hst_calib
	> wfpc
	> wmosaic image1.hhh image1_ext.hhh
	> wmosaic image2.hhh image2_ext.hhh
	
   見てみる。

	> set stdimage = imt2048
	> displ image1_ext.hhh 1
	> displ image2_ext.hhh 2

   wmosaicにより、ディストーションなどの補正まで行われる。