HST, RADIOイメージを重ねる I:
  HSTイメージで、北を上にする。


1, HSTイメージの回転角を調べる。

   HSTヘッダの、座標変換行列の2成分を読み出す。

	iraf> hedit Halpha.fits CD1_1 .
	Halpha.fits,CD1_1 = 4.11385448946820E-6
	iraf> hedit Halpha.fits CD1_2 .
	Halpha.fits,CD1_2 = -1.3131443548524E-5

   ここから、回転角θを求める。

	tanθ = CD1_2 / CD1_1 = -3.192004864
	θ = -72.60512727

   -(180+θ)だけ回転すると、北が上に向くようだが、π/2の
   不定性については、よくわからないので、適当にやる。


2, イメージを回転する。

	iraf> rotate Halpha.fits Halpha_rot.fits -107.3948727

   回転した後、FITSヘッダにある座標回転行列が、ほぼ対角化されて
   いるかどうか、確認する。
   
	iraf> hedit Halpha_rot.fits CD1_1 .
	Halpha_rot.fits,CD1_1 = -1.3760763532760E-5
	iraf> hedit Halpha_rot.fits CD1_2 .
	Halpha_rot.fits,CD1_2 = 5.6060135141380E-13
	iraf> hedit Halpha_rot.fits CD2_1 .
	Halpha_rot.fits,CD2_1 = 5.6060135201971E-13
	iraf> hedit Halpha_rot.fits CD2_2 .
	Halpha_rot.fits,CD2_2 = 1.37607635327596E-5

   CD1_1とCD2_2以外はほぼゼロになっている。


3, イメージの必要な部分だけ切り取る。

	iraf> imcopy Halpha_rot.fits[991:2190,2241:3440] Halpha_lobe.fits


4, HSTの新しいFITSヘッダ形式に、AIPSの古いFITSヘッダ情報を加える。

   AIPS[少なくとも99OCT版]は、新しいFITSの座標変換の方式を知らな
   いようなので、古いヘッダの方式で(α,δ)座標の情報を与える。

	iraf> hedit Halpha_lobe.fits CDELT1 -1.3760763532760E-5 add=yes !CD1_1の値
	iraf> hedit Halpha_lobe.fits CROTA1 0.0  add=yes
	iraf> hedit Halpha_lobe.fits CDELT2 1.37607635327596E-5 add=yes !CD2_2の値
	iraf> hedit Halpha_lobe.fits CROTA2 0.0  add=yes
	iraf> hedit Halpha_lobe.fits EPOCH 2.000E+3 add=yes         !今、J2000分点

   ここで出来たFITSファイル"Halpha_lobe.fits"は、AIPSで読める。


以上。